田邊健史の「義人感謙」

2017年から作成。個人の動き、書き留めたいことをこちらでツラツラいきます。義人感謙とは、私が、大切にしたい「義理」「人情」「感謝」「謙虚」の頭文字を取った造語です。

謙虚

視察をキッカケに、礼儀とは何かを考える

標題のキッカケとして、こんなことを思うことが最近ありました。 「この視察を受けないといけない義理はどこにあるのか」 相手の指示で2時間拘束されて、一体何なんじゃ。と不思議な気分でいっぱいでした。 その理由として・何を聴きたいのか、質問を依頼し…

記事:40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り」完全マニュアル

振り返る視点として参考記事。mirai.doda.jp

記事:相手に「振り返り」をうながす「問い」の条件

www.nakahara-lab.net

記事:世の中は「簡単なこと」ができない人たちで溢れている

個人的には、衝撃的内容。 そうか、そうだったのか。 headlines.yahoo.co.jp となると、簡単なことが できない と できる の境はどこか。 何が出来たら、って考えると深い。

記事:孫泰蔵「思考停止を疑え」「オフィスと社員はもう要らない」「経路依存性」という悪習慣

孫泰蔵のファンとかではないですがあたりまえ を見直すという志向性は必要かと business.nikkeibp.co.jp

記事:吟詠吟舞錦凰流 三代目 荒井 龍凰さんへのインタビュー記事

日本の達人から、学びの極意を学ぶ記事。自分で考え 自分で判断し 自分で行動する深いです。www.iec.co.jp

記事:“流行りの対話技法”では「対話」は生まれない──ナラティヴ・アプローチによる組織変革

対話にも創造力が求めれる時代。bizzine.jp

盆踊りには地域の大切にしたいものが詰まっている と信じている。

珍しく、前に出る企画。 オマツリジャパンの中で、ふとした一言から始まった企画。これをきっかけに、盆踊りの輪に入ってみる人が生まれたらそれはそれで嬉しいですね。 omatsurijapan.com omatsurijapan.com

記事:最年少市議会議員の夢 市議会議員 宮﨑たけし氏

佐賀市の市議の宮﨑たけしさんの記事。実際、お会いしましたがとっても地域愛に溢れ、かつ将来の佐賀を考えた素晴らしい方でした。www.hondaphoto.jpwww.hondaphoto.jp

記事:劣化する支援@名古屋 の感想

読み応えあり、そして深い内容。yoshimi-deluxe.hatenablog.com

記事:3時間睡眠でもパフォーマンスを発揮!忙しい男のための睡眠法とは?

www.myrepi.com

記事:「志の大地」を耕せ!若手NPOスタッフ育成最前線 フローレンス

フローレンスが新卒採用を始めたことをキッカケに開催した若手NPOスタッフ育成研修。 florence.or.jp

記事:コピーライターじゃなくても知っておきたい、心を掴む言葉の作り方

たまに読んで、自己研鑚。 careerhack.en-japan.com

記事:「安倍が敵じゃないぞ、安倍に任せても大丈夫と言っている人が敵だぞ」社会学者・宮台真司が改憲反対派に提言

学生時代から注目している、宮台真司氏から。 本質を見る力。news.nicovideo.jp

記事:ソーシャルな会社を成長させるのは、強固なミッションか、それとも…? 元パタゴニア、「フルクラム」代表・但馬武さん × ビジネスプロデューサー小野裕之対談

生き方が大好きな、但馬さんの対談記事 greenz.jp

記事:50代60代のビジネス老兵はどこに消えるのか データサイエンスの現場にさっぱり中高年がいない件で

bunshun.jp

記事:為末大 コンプレックスと多様性

為末大のブログから。tamesue.jp

記事:「人を育てる」マネジャーと、「人を育てられない」マネジャーのちがいは何か。

blog.tinect.jp

記事:サイボウズ式 違いとか多様性って、コストがかかると思いませんか──? 東京大学准教授・中原淳さん×株式会社Wasei代表取締役・鳥井弘文さん

タイトル、ザ・ズバリ。cybozushiki.cybozu.co.jp

記事:我武者羅應援團、気持ちが冴えない時に是非。

気持ちが冴えない時。。こちらをどうぞ。 m.facebook.com

記事:「最高に仕事のはかどる時間帯」が科学的に解明された!|夜行性の人は要注意

私は夜型なんですが。。。courrier.jp実際、朝はテキパキできる実感もあるので、やはりね。。

記事:学校に行かないと決めた、12歳の哲学者が教えてくれること

www.businessinsider.jp

新聞奨学生の実態の記事を紹介

どうやら、思いの根深さのエネルギーで記事にしている方がいました。 saburo-design.com 現代の奴隷精度 と揶揄される。 これを読んで一つ言えることは 新聞奨学生という制度の問題ではなく、各店舗のオーナー(会社・個人)の問題 である。と言える。 そも…

本当に自分のやりたいことが何か、と考える時に思い出してしまうこと。

こうなりたいと思う前に あぁはなりたくないと思い出す経験がある。時効だと思い、自分で忘れないように記録として。。 今から、20年前のこと。高校を卒業後、予備校に通いながら、新聞奨学生として販売店のそばで、初めて一人暮らしでアパートに住んでいた…