読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田邊健史の「義人感謙」

2017年から作成。個人の動き、書き留めたいことをこちらでツラツラいきます。義人感謙とは、私が、大切にしたい「義理」「人情」「感謝」「謙虚」の頭文字を取った造語です。

4/2 四川フェスに刺激を求め、気が付けばボランティア体験話

花見にピッタリ、4月2日の陽気。
絶賛、たまった事務仕事を消化しようとしていましたが、家を干された私は、行先を探している中で、刺激を求めて。。。

四川フェス@中野セントラルパークに参加。

meiweisichuan.jp

さぁって、楽しむぞ。。。。。。

f:id:tanabekenji:20170402200314j:plain

なんじゃ、この人だかり。(青いテントが出展ブース)
中野セントラルパークは桜が有るのか。。
花見客×四川フェス でエライ混雑。。。

主催者の方がトークセッションで、四川フェスにかける熱い思いを語ってました。。

f:id:tanabekenji:20170402200239j:plainf:id:tanabekenji:20170402200304j:plain銀座にある「やまの辺」も出展してました。
銀座 やまの辺 江戸中華

 

そういや、文京区のお店は出展しているかなぁ、、、有った!

中華菜園 志苑(文京区本郷1-19-6-1階)
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13015483/

f:id:tanabekenji:20170402200309j:plain

 

牛筋麻辣豆腐↓

f:id:tanabekenji:20170402200311j:plain

辛くなくて、牛筋うまし。

今回は、根本まきさんに誘われ、歌舞伎町で活動している日本駆け込み寺のボランティア仲間、そして悶絶ユニットなる激辛チームと参加。

nippon-kakekomidera.jp


激辛チームと一緒だったので、メンバーがチョイスしたのが。。。

f:id:tanabekenji:20170402200315j:plain
見た目がやばい。辛そう。

f:id:tanabekenji:20170402200317j:plain
そして、メンバーが何やら、お揃いの赤いシャツを着始めた。。

f:id:tanabekenji:20170402200320j:plain
緑色は、バジルじゃなくて、ハバネロ
辛い辛い!!っていう人と、これは前に食べたアレよりは…っていう人いたり。

f:id:tanabekenji:20170402200322j:plain
この赤い軍団、目立つ!

f:id:tanabekenji:20170402200324j:plain
遠くにいても一目瞭然。
「辛みというものは刺激物で…」
と辛み話に花が咲くオッサン集団。。
しかし、皆さんボランティア仲間ゆえに、こんな中で、ボランティアの大切さが酒のネタっていう、まじめな皆さんでした。
f:id:tanabekenji:20170402200326j:plain
後ろの桜が薄く見えるくらい、赤々した皆さんと、春の空の下、四川料理を堪能しました。

その後、中野と言えば、、、
中野ブロードウェイのフィギュアコーナー等等を散歩した後、

中野駅前の博多料理の店に突入(あのシャツで)

f:id:tanabekenji:20170402200328j:plain

f:id:tanabekenji:20170402200330j:plain
ココでも、ボランティア話で盛り上がる位、皆さん熱い思い(それぞれの思い)で活動話を伺いました。

考えてみれば、ボランティアって誰のために行うのか?という話。
世のため、人のため、っていう意見もあるでしょうが、究極的には

自分のため

だよね。という話。どうしても経験を増してくると、ボランティアに求めるものも違うでしょうし、団体にも色々言いたくなることも増える。。
・団体として、ボランティアの成長をどうとらえて活動をするか
・ボランティアを行う人が、どのように団体と関わっていくのか
を深く彫り込んで話していました。

4月2日、日曜日の午後の時間を、熱い話で盛り上がりましたとさ。おしまい。