田邊健史の「義人感謙」

2017年から作成。個人の動き、書き留めたいことをこちらでツラツラいきます。義人感謙とは、私が、大切にしたい「義理」「人情」「感謝」「謙虚」の頭文字を取った造語です。

新聞奨学生の体験を改めて思い出す 序章

先日、掃除をしていた時に、見つけてしまった19歳の写真を見返した時から、
現代の奴隷状態だったなぁ、とフツフツ考えていたが

「あの殺人的な仕事時代の経験は、自分にとって何だったのか」

そんなことを頭の中で思い返していたら、文京区役所の教育委員会の窓口のラックで、このパンフレットにバッタリ出くわす。

f:id:tanabekenji:20181230002528j:plain

www.asahishogakukai.or.jp

パンフレットを見直しながら、制度自体は大きくは変わらないなぁ、と見ながら、自分が19,20歳の時にお世話になったこの奨学金制度。
何か、いろんなことがババババババババババ と頭に浮かんできて、クラクラしてきた。

過去の記事で、大麻やタバコの煙だらけの映像が最近浮かんできていたが、それは一端。

あの時の経験で学んだことで、自分の人生の糧となった事が有ったことを思い出したくなった。そう思って、手にしたパンフレットをパラパラめくっていたら、自分が20年前に勤めていた新聞販売店のASA生田で働いている学生が事例として挙げられていてビックリ。

そうだ、高校卒業後、初めての一人暮らしで心細い中、生田の販売店で経験した色々な良い事を思い出した。。

  • 先輩から相手の立場で考えた時の言動と振る舞い
  • 決まった時間に決まった活動する中で、ちょっとした変化に気付く能力
  • 夜明け前に活動している中で、自分は本当に何がしたいのか自問自答の機会
  • チラシ折込など配達前の準備から、地道な作業の大切さ
  • 弱っているときに、声をかけてもらえる人がいることの有り難さ
  • 一緒に切磋琢磨できる仲間がいることで張り合いが出来たこと
  • 厳しい環境を乗り越えた後に見える魅力に気付こうとする力
  • 制約ある中で選択肢が有った時に、自分で決める決断

まだまだありそうだが、色々思い出してきた。

20年たっても覚えているのは、当時の販売店には新聞奨学生として販売店に自分を含めて13人いて、完全な上下関係があった中、厳しい仕事内容をみんなで助け合おうという団結力が有った。

エピソードとして、覚えているのは、予備校に通いながら販売店をしていたので、1日3時間くらいしか寝る時間が無い中、自分としては体力的に厳しすぎたのは間違いない中、先輩たちの前で「疲れた」と発した際、「バカヤロー、そういうのは口に出す前に自分で工夫できることはないのか考えろ」と怒鳴られたりしたこと。同じ境遇でそれぞれギリギリの生活をしていたからこそ、助け合おうという信頼感が有った中での叱咤だった。

 

新聞奨学生を始めた理由は2つ。

家に大学に行くお金が無かったから。子ども心に親を頼れないことは気付いていたので、自分のやりたい道に向かうには自立して生きて行かねばならぬとした時の選択肢として、学費を稼ぐ手段としての新聞奨学生だった。

もう一つは、住み込みなら家から出ていける、というのもあった。なかなか家にいるのが窮屈だと感じていて、どうやったら家を出られるかを考えた時にもこの制度はピッタリだと思ったので渡りに船。

しかし、厳しい環境で一緒に過ごしてきた新聞奨学生の先輩たちの(言葉が悪かったが)温かい支えがあったからこそ、今の自分があるはずだとしたら、先輩たちのあの頃の優しさに、自分は応えられているのか。

自分は誰によって生かされているのか。改めて考えたくなった年末の夜中。

視察をキッカケに、礼儀とは何かを考える

標題のキッカケとして、こんなことを思うことが最近ありました。

「この視察を受けないといけない義理はどこにあるのか」

相手の指示で2時間拘束されて、一体何なんじゃ。と不思議な気分でいっぱいでした。

その理由として
・何を聴きたいのか、質問を依頼しても当日になってもまとまっていない。
・事前に誰も何も調べてこないので、前提から話す事になる。
・講座運営について知りたいと言いながら、現状何をしているのか教えてくれない。(答えられない?)
・アドバイスをすると、「いや、うちとは違うから難しい」(それ、前提ですよね?)

Why? Youは何しにフミコムへ!

と心の中では叫んでました。

同僚が書いた記事には
「可能性を狭めるのは思い込み」というタイトルで。。

m.facebook.com

↑投稿みれない人のために共有。

「新しい人がとりこめない」
「どう企画したらいいのかわからない」

こういう悩みを持つ方は多いと思う。
かく言う私も日々格闘はしているけれど。

一度「こうせねばならない」を取り外してみるのが一番。

「そもそもなんでこれをやってるんだっけ」
「現状どうなってるんだっけ」
「どういう状態を目指してるんだっけ」

だとしたら何をすべきなのか、それを実現するためにはどうしたらいいのか。

そのためには圧倒的なインプット量必要。

そして前提を疑うこと。

50人来ても一人も行動変容がない企画なのか、
来たのは10人でも2人に行動変容があった企画なのか、

とすると、成果指標は「参加人数」なのか。

私は幸いにして中間支援の仕事の経験が浅いので、固定観念がない。
「こうあるべきだ」ではなく、社会の変化に合わせていかに柔軟にこちらも変えていけるか。

思うんです。逆に私たちがこんなことしたら
「え、あの視察で来たところ?酷かったなぁあれ。時間の無駄」って言われると思います。。

視察を受け入れる方の気持ちって考えたことあるんだろうか。普通はこうですよね。
自分たちの知見・ノウハウを生かしてお互いに成長したい。
(相手から問いをもらうことで、自分たちの活動の見直し、整理にもつながる)

 

というわけで、次に同様に怒らないようにするため
視察をキッカケに礼儀を考えてみたいと思います。 

「視察」とは何かを考える時には、「見学」との比較があるようです。

kokugoryokuup.com

端的に引用すると

「視察」は、実際の様子を見極めるために行います。

一方で、「見学」は、学んだり知識をつけるために行うのです。

なるほど。そうか。
今まで視察として受けていたのは、全部見学だったんだ!
なーんだ。。。 。。。 。。。 で良いのか?

Why Japanese people!!!厚切りジェイソン風)

心の中で叫びました。あースッキリした。いやいやいや違うぞ。
これじゃ、怒りに任せただけなので、一端落ち着こう。
ヒーヒーフー、ヒーヒーフー。。

 

さて、礼儀についてが本意だったので気を取り直して。。

minnkane.com

まぁ、詳細はリンク先に譲るとして、私なりには2点。

・相手にされたら嫌な事はしないように心がける
  (もし、してしまったと思ったら素直に謝る)

・相手が今後も関係性を持ちたくなる対応に努める
  (言動・行動を含めて)

だと思っています。

 

それを反映させて、私が視察に行くときに行っていることを振り返ってみます。
いつも出来ている、と自信持って言えない時もあるので、懺悔・自戒の念を込めて整理しました。

視察に行く、という前に

1.そもそも自分たちは何を目指したいのかを熟慮する
2.先進的に行っているところがあれば、先方のサイト、報告書などで徹底的に先進だと思う所を調べる。必要な情報があれば視察の必要が無い。
3.視察をすることで、判断基準に参考になる情報が得られそうだと感じた時点で、視察を検討始める。
4.一人なのか、誰かを同席させるかを検討。組織内で行くことで何が得られるのかを協議のうえ、視察目的、質問内容を整理。

ですかね。。。

え、このぐらい普通じゃないんですか。。。

視察調整時

1.連絡前に、最適な視察時間を考えて、日程候補を洗い出しておく。
2.連絡時に、何を聴きたいか目的・質問事項・謝礼の有無を整理して伝える。
3.先方と最適な担当者、適正時間を相手と確認。
4.日程が決まったら、事前にこちらの質問内容、同席者を改めて送り、自団体の資料を送っておく。(見てもらえる保証はないので印刷等、見せられる状態にしておく)

え、そういうもんじゃないんですか。。

視察時

1.今日の目的と同席者の紹介を短く最初に伝え、要点を改めて伝える。
2.質問をする前に、自団体の状況を補足レベルで紹介。
3.聞いた内容を自団体で取り入れるならば、という視点で質問。
4.分からない点は素直に聴くことで相手の気付きを促すことになると思って勇気をもって聴く(ここから本音がボロボロ出てくることアリ)
5.今後の展望も聴きながら「今後も何かあったら情報交換しましょう」等と相手にとってもためになったと思われる視察になるように配慮する。

視察後

1.御礼メール等で、対応してくれたことの感謝を伝える。可能な限り早く。
2.何が得られたのか、内部で報告
3.そして団体の運営に生かす!(←え、ココですよね??)
4.反映した成果などがあれば報告する。

 

。。。。。

とまぁ、書き連ねてみました。何に私はエネルギーを使っているんでしょう。
多分、社会に役立つためだと信じて。。。。

 

P.S.
初めて来た、ヤフーロッジで書いてました。超集中できる。最高っす!

lodge.yahoo.co.jp

 

記事:40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り」完全マニュアル

振り返る視点として参考記事。

mirai.doda.jp

記事:世の中は「簡単なこと」ができない人たちで溢れている

個人的には、衝撃的内容。

そうか、そうだったのか。

headlines.yahoo.co.jp

となると、簡単なことが できない と できる の境はどこか。

何が出来たら、って考えると深い。

記事:効率化、年収UP直結のビジネスアプリ・Webツールまとめ。山田厳選。

先日、

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法の著者、山田竜也さんの話を聞いた時に、紹介された、ツールまとめの記事。

freelancestyle.tokyo